• 仙台・宮城の求人募集の状況と対応のあり方

    平成28年の宮城県における有効求人倍率は1.56倍、東京都・大阪府を抜き、全国レベルで第14番目に位置しています。
    東京や大阪よりも、人手の足りない状況がつづいているのです。

    そのため、宮城県の県庁所在市である仙台市には、東北地方だけでなく全国から多くの人が仕事を求めてやってくる状況にあります。

    さて、仙台市の求人募集のなかには、建設業をメインとした作業もあり、その多くは湾岸地区や被災地復興のための作業です。

    いろいろな宮城の転職情報サイトについて考えます。

    しかしながら建設経験や土木作業に慣れた人手が少なく、供給が需要を上回った状態が続いています。

    また、全国から集まってくる人々の中には、幾つものブローカーを経て仙台で働いている人もおり、その方々の給与面での待遇は決して良いとはいえないものがあります。



    それは、ブローカーを介在することにより、その手数料が生じているためと考えられます。被災地復興のための仕事は、何も仙台市内に限ったことではありません。

    そこに本社や拠点を置く会社が求人募集をかけ、実際の仕事は東北地方全体に及ぶことが少なくありません。また、1か所の作業が終われば、また別の場所で作業を進めるということもあります。

    教えて!gooのお役立ち情報はこちらのサイトです。

    これらの仕事は、肉体を駆使した大変な仕事ではありますが、被災地を元の状態に戻し、日本の復興を果たすという願いを込めた、実に遣り甲斐のある仕事だと考えられます。もし、日本各地での求人広告を見て、勤務地が宮城県、あるいは東北地方と記載されていたら、そこにはブローカーが介在していると考えた方がよいと思われます。それよりも、インターネットなどを通じ、直接、仙台市の求人募集を探して働かれる方が賢明です。